*

花子とアンの英治(鈴木亮平)の妻に、美人の香澄(中村ゆり)が出演です!

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 NHK朝ドラ

きょうは印刷会社の村岡英治(鈴木亮平)が
妻・香澄(中村ゆり)を病室に見舞いました。

花子とアンには次々と美しい女性が登場します。
香澄(中村ゆり)も美人女優ですね。

中村ゆり画像

村岡香澄(32歳・韓国籍)→中村ゆりさんは
元歌手から女優となり
NHK連続テレビ小説は三回目の出演のようです。
連続テレビ小説 おひさま(2011年)
連続テレビ小説 梅ちゃん先生(2012年)にも
出演されています。

モテモテの村岡英治(鈴木亮平)

モテモテの村岡英治(鈴木亮平)

村岡英治(鈴木亮平)妻・香澄(中村ゆり)が
結核で入院とのことですが
当時の結核は不治の病と言われていた時代。
労咳(癆痎、ろうがい)とも呼ばれ
うつるとも言われ、隔離されたり
特別な病院へ入院したりしていたほど
大変深刻な病気だったようです。

日本では療養施設として
明治20年、鎌倉由比ヶ浜、
茅ヶ崎には最大規模のサナトリウムがつくられたそうです。

医療の進歩した現在では結核も肺ガンも
早期発見、早期治療なら完治できます。

物語ですが、花子は→将来、村岡花子になるわけですが
気になるのはその過程ですね。

村岡英治(鈴木亮平)の妻になるのか、弟さんの
村岡郁弥(町田啓太)の妻になるのか・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

アドセンス レクタングル中

関連記事

花子とアン,茂木健一郎,棒読み,【最終回】

花子とアン!茂木健一郎 棒読み ドラマデビューと【最終回】

「花子とアン」高視聴率で終了。 花子とアンに茂木健一郎が、小鳩書房の門倉社長役で出演。笑った。

記事を読む

花子とアン「吉高由里子」と「鈴木亮平」!「仲間由紀恵」と「中島歩」不倫へ?

花子とアンの男女関係が複雑な展開。 はな(吉高由里子)は英治(鈴木亮平)へ 離婚しないように訴え

記事を読む

花子とアンで「霧島れいか」と浮気した「伊原剛志」

先週の話です。 はなのお父さん(吉平)伊原剛志が浮気をしていたらしい。 お相手はサダ(霧島れいか

記事を読む

遠野なぎこ←NHK連続テレビ小説「すずらん」→遠野凪子、摂食障害?

遠野なぎこが、歴代最速離婚したという。 20歳の時、NHK連続テレビ小説「すずらん」で「常盤萌」の

記事を読む

「花子とアン」 仲間由紀恵!オファーに当初、激怒していたニュース!

NHK連続テレビ小説「花子とアン」人気上昇中! 仲間由紀恵の葉山蓮子が面白いと好評だ。 では

記事を読む

安蘭けいが、NHK朝ドラ「花子とアン」の「吉田鋼太郎」と2連泊?

花子とアンの吉田鋼太郎が元宝塚女優「安蘭けい」の 自宅に2連泊したという噂が流れている。

記事を読む

花子とアン!土屋太鳳!2015年 朝ドラ「まれ」が待ち遠しい!

土屋太鳳。155cm。 この背丈では、モデルは無理かも知れない。 カラダは小さいが「太お」。

記事を読む

吉高由里子の「花子とアン」(村岡花子:赤毛のアン訳者)の視聴率は?

赤毛のアンは 髪の毛が赤くてそばかすだらけの顔。 両親を失い孤児になった少女アンが けなげに生

記事を読む

マッサン,1話「鬼の目にも涙」,2話「災い転じて福となす」

マッサン 感想 1話「鬼の目にも涙」 2話「災い転じて福となす」

1話「鬼の目にも涙」 第1週は「鬼の目にも涙」でしたが、考えてみると 鬼は泉ピン子のことだっ

記事を読む

波瑠 あさが来た 朝ドラ

朝ドラ「あさが来た」明治女実業家役ヒロインは「波瑠」に決定!

「あさが来た」9月28日朝スタート! 9月28日(月)。あさが来た。やっと、あさが来ま

記事を読む

松山英樹,ブリヂストン招待優勝
松山英樹ブリヂストン招待優勝!米ゴルフ賞金ランキング1位!

松山英樹選手が逆転優勝! 松山英樹選手がWGC-ブリヂストン招待

パク スンヒュン,全米女子オープン優勝
全米女子オープン優勝は韓国のパク スンヒュン、日本選手は?

今年の全米女子オープン優勝者は韓国のパク スンヒュン選手でした。 近

藍ちゃん 引退 記者会見
宮里藍ちゃん引退。美人で可愛いい日本女子プロゴルファー?

可愛い宮里藍ちゃん、引退! 宮里藍選手(31歳)が今期かぎり

松山英樹!アーノルド・パーマー招待
松山英樹!アーノルド・パーマー招待でベスト10以上を狙え!

アーノルド・パーマー招待はマーク リーシュマン優勝 アーノルド・

メキシコ選手権
メキシコ選手権に松山英樹と池田勇太、谷原秀人が挑戦する!

松山英樹(-3)25位、谷原秀人(-1)32位 世界選手権の優勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑