*

「花子とアン」 仲間由紀恵!オファーに当初、激怒していたニュース!

公開日: : 最終更新日:2014/12/28 NHK朝ドラ

NHK連続テレビ小説「花子とアン」人気上昇中!

仲間由紀恵の葉山蓮子が面白いと好評だ。
では、仲間由紀恵サイドは何故、激怒していたのか?

仲間由紀恵2

仲間由紀恵にNHKから、ヒロインを支える「役」を持ち込まれて
彼女の担当者は「仲間由紀恵ですよ!わかっているんですか!」と
当初、声を荒げたということが記事になっていた。

つまり、仲間由紀恵といえば
2002年ドラマ:学園ドラマ「ごくせん」主役
「第53回NHK紅白歌合戦」司会
日本テレビ系列で、第1シリーズ2002年、第2シリーズ2005年、
第3シリーズ2008年、ごくせんの仲間由紀恵といわれる
大ヒット作のヒロイン。まさに大女優なのだ。

過去、NHK大河も3本出演(功名が辻は主演)しており
NHKでも民放でも、押しも押されぬ国民的大女優。

その仲間由紀恵への役が主人公の「花子」でなく
葉山蓮子役だったため、当初、怒ったらしい。
NHKサイドもぜひ、ということで、構成や演出には
仲間由紀恵へも納得のいくよう修正したという。

しかし、いまや朝ドラは「花子とアン」人気で視聴率もアップ。
平均視聴率20%超だというニュースも流れている。
結局、仲間由紀恵サイドも、番組が評判になっているため、
結果オーライということで了解しており
現在は宣伝材料にもなっていると、喜んでいるそうだ。

「花子とアン」仲間由紀恵、人気の秘密

主役を食ってるとまで言われている仲間由紀恵演じる葉山蓮子。
人気の秘密は葉山蓮子が「柳原白蓮」といわれる歌人の生き様。
二度までも葉山家のために政略結婚を強いられ
お金のために九州まで嫁がされてしまった。
その蓮子が、石炭王、嘉納伝助の目を盗んで
道ならぬ恋に情熱をかける場面も視聴率を稼いだ。
この波瀾万丈の葉山蓮子の人生も実話に基づいており
一部ファンからは「柳原白蓮」物語の方が面白かったのでは、等と囁かれた。

仲間由紀恵(34歳)の演技は、若い女優には表せない雰囲気がある。
年下の大学生との恋も、「さもありなん」と納得させると同時に
石炭王、嘉納伝助の妻としても、ちゃんと絵になっている。
このあたりが視聴率を支える大きな力になっていることは間違いない。

白蓮は竹久夢二の絵のような美人だった。

葉山蓮子の写真が残っているが当時の美人画のモデル並みである。
竹久夢二もこう言う美人をモデルにしたのでは、と
想像させるほどの雰囲気がある。
あの時代に、大金持ちの奥方が大学生に恋をし、
子までもうけるという事は、やはり命がけの恋だっただろう。

確かに「花子とアン」での仲間由紀恵の演技はいい。

今回の「花子とアン」でその他の人気俳優、有名な俳優を見ると

吉高由里子画像

ヒロイン・吉高由里子(村岡花子):若い人には人気女優だがNHKの常連視聴者や
おじさんやおばさん、お年寄りには初めての新人にみえるだろう。
彼女は、2004年の第130回芥川賞、金原ひとみの「蛇にピアス」という映画で
主演を演じ、かなり際どい濡れ場もこなしている。監督は有名な蜷川幸雄。

素敵な吉高由里子を支える人達

お母さん役の室井滋(ふじ)はご存じ「『やっぱり猫が好き」で
小林聡美、もたいまさこ、と人気者になり
以降、演技派として大活躍、55歳の名女優だ。

お父さん役の伊原剛志(吉平)は2012年のドラマ「はつ恋」で
医科大学教授「三島匡」役を演じ、木村佳乃の初恋の人という設定で
執刀医と木村佳乃の患者で浮気相手というドラマチックな物語を通して
NHK女性ファンを虜にした男性。その人気は今も上昇中だ。

花子のお爺ちゃんは、名優・石橋蓮司(周造)。72歳のいまも矍鑠として
178センチ、堂々たる体躯を生かし劇団と映画・ドラマに大活躍。
連続テレビ小説は何度も出演、時代劇・現代劇で渋い演技の名優だ。
ちなみに奥方は加賀まりこと人気を競った、妖精、緑魔子。

他には夫役の鈴木亮平、兄・賀来賢人、妹(土屋太鳳)・かよ(黒木華)をはじめ
松本明子・カンニング竹山・窪田正孝が、花子の実家回りを固める。
その他、藤本隆宏・高梨臨・中原丈雄・中村ゆり・町田啓太・山田真歩・
吉田鋼太郎・中島歩・霧島れいか・筒井真理子と豪華な俳優が色を添える。

いよいよ「花子とアン」も大人の世界へ・・・
仲間由紀恵、吉高由里子が、これから何を魅せてくれるか、楽しみだ。

 ゴ キ デ ン ヨ 〜 。

【主な出演者】

(はなと甲府の人々)
村岡花子(吉高由里子)
母・ふじ(室井滋)
父・吉平(伊原剛志)
兄・吉太郎(賀来賢人)
妹・もも(土屋太鳳)
妹・かよ(黒木華)
祖父・周造(石橋蓮司)
リン(松本明子)
安東はな・子役(山田望叶)
地主の徳丸(カンニング竹山)
朝市(窪田正孝)

(仕事関係の人々)
編集長の梶原(藤本隆宏)
醍醐(高梨臨)
英治の父(中原丈雄)
英治(鈴木亮平)
香澄(中村ゆり)
英治の弟・郁弥(町田啓太)
宇田川(山田真歩)

(花子を取り巻く人々)
腹心の友・蓮子(仲間由紀恵)
石炭王・嘉納伝助(吉田鋼太郎)
帝大生・宮本龍一(中島歩)
サダ(霧島れいか)
女中頭・タミ(筒井真理子)

(女学校時代の人々)
寮母・茂木(浅田美代子)
英語教師・富山(ともさかりえ)
校長・ブラックバーン(トーディ・クラーク)
帝大生・北澤(加藤慶祐)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

アドセンス レクタングル中

関連記事

「花子とアン」かよ、黒木華

スタジオパーク!黒木華 本日のゲストは清純日本人の華だ!

2014年9月11日(木) 本日のゲスト 黒木華   「花子とアン」のかよちゃん、登場です。

記事を読む

花子とアン 夢二美人のような白蓮・仲間由紀恵は大正3美人の一人。

花子とアンの葉山蓮子のモデルは 歌人・柳原白蓮。※柳原燁子(あきこ)さん。 白蓮

記事を読む

土屋太鳳(つちやたお)が「花子とアン」から「まれ」でヒロイン!

連続テレビ小説「花子とアン」は翻訳家として活躍した 村岡花子の半生をもとにした物語。 毎日見てま

記事を読む

遠野なぎこ←NHK連続テレビ小説「すずらん」→遠野凪子、摂食障害?

遠野なぎこが、歴代最速離婚したという。 20歳の時、NHK連続テレビ小説「すずらん」で「常盤萌」の

記事を読む

花子とアン,茂木健一郎,棒読み,【最終回】

花子とアンの英治(鈴木亮平)の妻に、美人の香澄(中村ゆり)が出演です!

きょうは印刷会社の村岡英治(鈴木亮平)が 妻・香澄(中村ゆり)を病室に見舞いました。

記事を読む

朝ドラ,マッサン,エリー,3話「住めば都」

マッサン 感想 エリー!住めば都(みやこ)はウイ・スキー住吉!

3話「住めば都」 2話「災い転じて福となす」 1話「鬼の目にも涙」 マッサ

記事を読む

波瑠 あさが来た 朝ドラ

朝ドラ「あさが来た」明治女実業家役ヒロインは「波瑠」に決定!

「あさが来た」9月28日朝スタート! 9月28日(月)。あさが来た。やっと、あさが来ま

記事を読む

吉高由里子の「花子とアン」(村岡花子:赤毛のアン訳者)の視聴率は?

赤毛のアンは 髪の毛が赤くてそばかすだらけの顔。 両親を失い孤児になった少女アンが けなげに生

記事を読む

マッサン,感想,エリー,玉山鉄二,「破れ鍋に綴じ蓋」第4話

マッサン 第4話 エリーと玉山鉄二!「破れ鍋に綴じ蓋」感想

「破れ鍋に綴じ蓋」 3話「住めば都」 2話「災い転じて福となす」 1話「鬼の目にも涙」

記事を読む

花子とアン,茂木健一郎,棒読み,【最終回】

花子とアン!茂木健一郎 棒読み ドラマデビューと【最終回】

「花子とアン」高視聴率で終了。 花子とアンに茂木健一郎が、小鳩書房の門倉社長役で出演。笑った。

記事を読む

第51回デサントレディース東海クラシック
第51回デサントレディース東海クラシック

第51回デサントレディース東海クラシックは 無観客による開催になりま

松山英樹,ブリヂストン招待優勝
松山英樹ブリヂストン招待優勝!米ゴルフ賞金ランキング1位!

松山英樹選手が逆転優勝! 松山英樹選手がWGC-ブリヂストン招待

パク スンヒュン,全米女子オープン優勝
全米女子オープン優勝は韓国のパク スンヒュン、日本選手は?

今年の全米女子オープン優勝者は韓国のパク スンヒュン選手でした。 近

藍ちゃん 引退 記者会見
宮里藍ちゃん引退。美人で可愛いい日本女子プロゴルファー?

可愛い宮里藍ちゃん、引退! 宮里藍選手(31歳)が今期かぎり

松山英樹!アーノルド・パーマー招待
松山英樹!アーノルド・パーマー招待でベスト10以上を狙え!

アーノルド・パーマー招待はマーク リーシュマン優勝 アーノルド・

→もっと見る

PAGE TOP ↑